コストを抑えつつ理想の住宅を|注文住宅を建てるときのポイント

インテリア

分譲型の家規模別の特徴

家

立地条件による違い

浜松の分譲住宅は、大規模型と小規模型の二つに分かれます。前者は、浜松郊外の広大な敷地に建設されることが多く、たくさんの住宅が建ち並びます。公共交通機関から離れていることもありますが、浜松の中心街から距離があるため環境がよく、落ち着いた暮らしをすることが可能です。仕事と私生活の切り替えをしっかりし、メリハリのある生活を送りたいビジネスマン世帯、子供を伸び伸びと育てたい子育て世帯、などに選ばれる傾向が強くなっています。後者は、中心街に近い場所に立地し、少数の住宅がコンパクトにまとめて建てられているのが特徴です。交通アクセスに恵まれていることが、多くなっています。そのため、買い物や通勤などもしやすく利便性が高いです。

それぞれが人気の秘密とは

浜松では、大規模、小規模分譲住宅とも一定の人気を誇っています。大規模分譲住宅は、街の整備が行き届いているのが最大の魅力です。建物は余裕を持った整然とした配置となっており、圧迫感のない住宅街となっています。日照、風通しにも十分配慮した街づくりがされており、快適な暮らしをサポートしています。公園や歩道も整えられ、誰もが憩うことができ、安心して暮らせる空間です。小規模分譲住宅は、コンパクトであることがメリットです。コミュニティの構築がしやすく、新しい入居者でもすぐ溶け込んでいくことができるでしょう。大規模分譲住宅に見られるように、住民同士が交流のためのイベント活動などをすることは少ないですが、その分それぞれの暮らしのペースで生活していけます。