コストを抑えつつ理想の住宅を|注文住宅を建てるときのポイント

インテリア

強い家作り

一軒家

知識として

福岡に住んでいても地震は人事ではないので、地震に強い家作りを考えておくべきでしょう。福岡で注文住宅を建てるなら、地震に強く、安心して住むことの出来る家を建てたいものです。その為にはどのような家が良いのか、知識として知っておいて損はありません。1つめは、地盤に関連することです。これは建築に相応しいかの見極めが大切です。福岡で購入する土地が、埋立地かそうでないかはもちろん、地盤調査を受けておくとより確かな情報が得ることが出来ます。2つめは、建物の形です。注文住宅だとまれに変わった形の家があります、耐震を考えた場合、凝った形の家よりも正方形や長方形の家の方が強い家となります。また当然、家の上部が重過ぎると揺れやすく弱い家となります。

気をつけた設計

3つ目は、柱に関することです。家というのは構造上柱にかかる荷重が均等であれば強くなります。その為には柱の位置が重要となってきますし、適切な金物で補強されているかも重要となってきます。4つ目は耐力壁に関連することです。耐力壁とは、横方向から受ける力に耐えるために必要な壁です。これが十分な量、そして平均的に配置されているかが、家の強さに大きく関わってきます。5つ目は劣化に関連することです。家が劣化する一番の原因は湿気といわれています。その為日当たりの事はもちろん、湿気に強い材質を使用すると良いのです。福岡で注文住宅を考えているなら、今まで挙げたような事を気をつけた設計にしてみるとよいです。これは福岡で注文住宅を建てるからこそ、より強化できるのです。